Archive of published posts on 3月, 2018

Back home

7年

03/11/2018

東日本大震災から7年。
7年前の今日は、会社の休みをもらっていて、金沢へ一人旅に行って夜行バスで早朝東京に帰ってきて、
部屋で休んで旅の疲れをとっていたとき、地震が起きた。

そのあと数日後、友だちとのルームシェアをはじめたからだろうか、
以来3/11を一人で過ごすことがなかったような気がする。

いま、金沢出身の奥さんと結婚している。
そんで先週は一緒に金沢に帰っていて、いま奥さんはそのまま息子と一緒に金沢にいて、
久しぶりに3/11を東京で一人で過ごした。

当時、広告の会社で新卒3年目だった僕は、
仕事を通して東北のためにできることがないか一生懸命探していたし、そうするべきだと思っていた。
しかしいまいち、どうしても東北に届くようなことが見つけられなかった。
東北のためになっているという実感を持てるような仕事に結びつけることができなかった。

一方で、被災地である陸前高田に家族同然のつながりをもっていたこともあって、
陸前高田にいる「あの人」のためのアクションができることに気がついた。
それは仕事ではなく、プライベートだったわけだが、
いまやるべきことは、漠然とした対象に対する漠然とした仕事ではなく、
具体的に「陸前高田の家族」にできる、具体的なアクションだと思った。

実はわりとこのことが、会社をやめるのに響いていたように思う。

具体的に自分のまわりの誰かのために力になること。
これが僕の生きがいというか、大切にすべきことなんだなと教えてくれた。

7年経って、だんだん高田のために使っている時間が少なくはなってきているが、
いまでも一年に一度以上は訪問できている。

息子がもう少し大きくなったら一緒に連れていきたいが、
そこで何が伝えられるだろうか。

No Comments

[映画] グレイテスト・ショーマン

03/4/2018

via entertainment.ie

観てきました。

結論から言うと音楽がめっちゃ好みで、これまでミュージカル音楽といえばRENTが最高に好きだったんですが、それに引けをとらないくらいに好みで、サントラ買いました。

「ラ・ラ・ランド」はもちろん良かったんですが、内容が強すぎる(考えさせられる)ために、音楽や演出より、「何者にもなれなかった自分へ」みたいな感じなんですが、この「グレイテスト・ショーマン」は、内容がテンポよく進んでいくので逆に音楽に集中できるというか、良くも悪くもそんな感じで、

なによりヒュー・ジャックマンの歌声が心に響きすぎてつらい。

ストーリー内容は、まぁツッコミどころはいろいろありました…が、

音楽良すぎたので総じて観て良かったなぁと思います。

劇場の良質な環境で観て(聴いて)ほしい映画でした。

オープニングから泣きそうになって、個人的にピークは"This is me"という、コンプレックスを抱えた戦士たちの歌のシーン。めちゃくちゃシビれました。

またぜひ観たいです。

No Comments